2007年08月16日

サブプライムの弊害

 アマゾンで蝶が羽ばたくと、街に大風が届くような、そんな連鎖反応で今日16日に日経平均は年初来安値を更新し、113円台/ドルにも突入した。22時現在で114円台半ばで推移しているらしいけれども、FXやってる人はてんやわんやしているんだろうな。

 先日職場の知り合いを紹介してもらったけど、その彼は日経平均に連動した投資信託を相当な金額保有していた。大丈夫だろうか・・・かなり含み損が出たと思うけど。

 と、前置きはこれくらいにして。

 まずは、ダウ。13,000円とか14,000円などで推移しているほうがおかしかったのだ。勝手な水準だけれども、アメリカ経済では10,000ドルくらいが実態に合っていると思う。だからまだ下がる。アメリカはプチバブルだったのではないか。

 中国もしかり。中国はオリンピックをピークにしばらく低迷するだろう。生活水準が上がると賃金ベースも上がる。そうなると輸出産業は打撃を食らうだろうね。内需が強くなればいいけれど、中国内需はどこまで伸びる素地があるのだろう。意外とその残りはは小さいように思う。中国の強みは何だ?賃金の安さを除いてしまうと、魅力があまり無いのではないか。

 今強いのはロシアとヨーロッパくらい。中東は原油で得た利益はドルベースだから、ドルが世界的に安くなれば原油は高止まりし続ける。中東各国が資金を何で持ち始めるか・・・ユーロかそれとも円か・・・

−−−−−

 去年、150円/ドルは行くのではないかと思っていたが、これは日本が団塊の世代を失ってしまい、そっくりそのまま社会保障費の増大に繋がると思っていたから。日銀は利上げせず、円安誘導による景気維持が続くと信じていたけれども、それよりも早くアメリカがこけた。

 円はユーロに対しても強い。日本の経済は今、かなり好景気らしい。自分の所得を考えると全く比例してないから全然自覚がないけれど、先日の報道では経常黒字がかなりの額になっていたし・・・とはいえこれは120円/ドル程度で推移していたからこそ。

 110円/ドルを切るようになると投資のスタンスをみんな考え直したほうがいいかもしれない。株式・投信を買うのはでもアリ。安いときに買って、高いときに売ればいい。

−−−−−

■これからの予定

 ヤマシナ株を40円〜42円で買い増しする(現在は50円前後で13,900株保有)
 エマージングカレンシーを買い増しする
 ハッピークローバーを買い増しする

 買い増しの金額は50〜150万円で予定。

 ただ、市場が落ち着くまでしばらく様子見か。



posted by airmassu at 22:21| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かなり偏った市況分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。